初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、昨年テスト参加も最優先事項は完走

A.バウティスタ、昨年テスト参加も最優先事項は完走

開幕戦で表彰台争いを繰り広げて好発進したように思えたバウティスタだったが、2戦連続の転倒リタイヤ。昨年テストを実施した初開催地、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで、リスクを犯さない走りに徹底して、完走を目指すことを語った。

ゴー&ファン・ホンダ・グレシーニのアルバロ・バウティスタは、序盤2戦で連続転倒リタイヤを喫した後、昨年7月にオフィシャルテストが実施されたアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで初開催される第3戦アルゼンチンGPに向けて、完走とポイント獲得を目標に設定した。

開幕戦カタールGPでトップグループに位置して表彰台争いを展開。第2戦アメリカズGPではプラクティスで苦戦しながら、決勝レースでファクトリーオプションのグループ内で走行したが、2戦連続して転倒。昨年オフィシャルテストに参加して、初開催のトラックを走行する経験を得たが、チャンピオンシップの展開を考慮して、リスクを犯さない走りに徹底する構えを見せた。

「昨年テルマス・デ・リオ・オンドで実施されたテストに参加して、幾つかの非常にテクニカルなセクションに対して、直ぐに認識することができた。トラックのキャラクターが僕のライディングスタイルに適応する高速コーナーが多いから、すごく気に入った。しかし、2日目に雨が降ってしまい、僅か1日しかアドバンテージを持つことができない。セットアップの仕事ができなかった上、トラックの改修工事が終了した直後だったから、路面がすごく汚れていたことを憶えている。レース時にはOKになると思う。」

「今大会の最優先事項は、リスクを冒さずに完走すること。序盤2戦を終えて、まだ0ポイントだから、幾つかのポイントを稼ぐ必要がある」と、仕切り直しを誓った。

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA

Other updates you may be interested in ›