Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:M.マルケスが3戦連続のポール・トゥ・フィニッシュを達成

決勝レース:M.マルケスが3戦連続のポール・トゥ・フィニッシュを達成

3戦連続のポールポジションからスタートしたマルケスが、序盤に順位を落としたが、王者の貫録を見せる3連勝を達成。3番グリッドのペドロサ、2番グリッドのロレンソが続き、次戦を前にスペイン勢が表彰台を独占。ロッシ、ブラドルが続き、イアンノーネが自己最高位を獲得。16番グリッドの青山は、オープンオプションの最高位となる10位に進出した。

第3戦アルゼンチンGPの決勝レースは27日、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスが優勝。開幕カタールGPから3戦連続のポール・トゥ・ウインを達成した。

気温24度。路面温度21度のドライコンディションの中、ポールポジションのマルケスは、1ラップ目に4番手、2ラップ目に6番手に後退したが、4ラップ目に2番手に浮上。1分39秒台のペースで追い上げると、ラスト9ラップにトップを挽回。2001年のバレンティーノ・ロッシ以来13年ぶりとなる開幕3連勝、1971年のジャコモ・アゴスチーニ以来43年ぶりとなる開幕から3戦連続のポール・トゥ・ウインを決めた。

3番グリッドのダニ・ペドロサは、2ラップ目に7番手に後退したが、ラスト2ラップに2番手に浮上。1.837秒差で2戦連続の2位、3戦連続の表彰台を連取した。

2番グリッドのホルヘ・ロレンソは、ホールショットを決めてレースをリード。終盤にポジションを下げたが、今季初めての表彰台を獲得すると、6番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、単独走行で4位。

9番グリッドのステファン・ブラドルは5位。8番グリッドのアンドレア・イアンノーネは自己最高位の6位。7番グリッドのブラドリー・スミス、11番グリッドのポル・エスパルガロ、5番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソが続いた。

16番グリッドの青山博一は、ラスト2ラップに17番グリッドのヨニー・エルナンデェス、最終ラップの最後のシケインで12番グリッドのニッキー・ヘイデンを抜いて、今季の最高位となる10位、オープンオプションの最高位に進出。

4番グリッドのアレックス・エスパルガロは、2ラップ目に転倒後、レースに復帰して、ポイント圏内の15位まで挽回。

10番グリッドのアルバロ・バウティスタは、1ラップ目転倒。開幕から3戦連続して、転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、3連勝を飾ったマルケスが、75ポイントに到達。ランク2位のペドロサに19ポイント差、ランク3位のロッシに34ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦スペインGPは、ヘレス・サーキットで5月2日に開幕、5月4日に決勝レースが行われる。

リザルト

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMIO RED BULL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, RAC

Other updates you may be interested in ›