初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケスが通算41度目のポールポジションから通算100戦目に挑戦

M.マルケスが通算41度目のポールポジションから通算100戦目に挑戦

昨年11月にチャンピオンに輝き、開幕から3戦連続のポール・トゥ・フィニッシュを達成して、ポイントリーダーとして、キャリア未勝利のヘレスを迎えたマルケスが、4戦連続のポールポジションから、レディング、ロレンソ、コルテセに次いで、チャンピオンシップ史上最年少4番目となる通算100戦目を迎える。

レプソル・ホンダに所属するマルク・マルケスは、第4戦スペインGPの公式予選で最速時計を記録。キャリア通算100戦目となる決勝レースを通算41回目のポールポジションから迎える。

・ 2014年4月5日、ヘレス・サーキットで開催される第4戦スペインGPの決勝レースで、スコット・レディング、ホルヘ・ロレンソ、サンドロ・コルテセに次いで、65年のチャンピオンシップ史上最年少4番目の通算100戦目を達成。

 

・ 通算99戦で、優勝35回(35.3%)、表彰台58回(58.6%)、ポールポジション40回(40.4%)。

・ 参戦した33のサーキットで、ドニントンパーク、ヘレス・サーキット、上海国際サーキットを除く19のサーキットで優勝を経験。

・ 33戦目となった2010年6月の第4戦イタリアGPで初優勝。以降、67戦で35勝、勝率は52.2%。

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›