初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:第2戦インドネシア大会プレビュー

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:第2戦インドネシア大会プレビュー

アジア地域におけるヤングライダーの発掘と育成を目的に、今年から開催されるワンメイクカップ、『シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ』の2戦目がインドネシアのセントゥールで開幕。来年のスペイン選手権、レッドブル・ルーキーズ・カップ、将来の世界舞台進出を目指して、7ヶ国22名のヤングライダーたちが夢に向けて挑戦する。

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップの第2戦インドネシア大会は週末、インドネシア・西ジャワ州にあるセントゥール・インターナショナル・サーキットで開催。11日に決勝レースが行われる。

オープニングレースとして、3月23日にロサイル・インターナショナル・サーキットで開幕戦カタール大会が開催され、伊達悠太(14歳)が優勝、北見剣(17歳)、佐々木歩夢(13歳)が続き、日本勢が表彰台を独占。

第2戦に向けて、トレーニングを進める日本勢は、4月27日にオートポリスで開催された全日本ロードレース選手権の第2戦で、鳥羽海渡(14歳)が3番グリッドから初優勝を飾れば、水野涼(15歳)は10番グリッドから4位、伊達は5番グリッドから8位に進出。吉田翼(14歳)は、4月5日に筑波サーキットで開催された筑波ロードレー選手権の第1戦でポールポジションから優勝。国峰啄磨(15歳)は、4月6日にヘレス・サーキットで開催されたFIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップで9番グリッドから15位と9位に進出。レース経験を積んでインドネシアに乗り込む。

決勝レースは、現地時間の11日13時。当サイトでは、来週にハイライトビデオを無料提供する。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›