初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:開幕戦で日本勢が表彰台独占

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:開幕戦で日本勢が表彰台独占

アジア地域におけるヤングライダーの発掘と育成を目的に開催されるワンメイクカップ、『シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ』が中東カタールのロサイルで開幕。オープニングレースで日本から参戦の伊達がポール・トゥ・フィニッシュを決めると、北見、佐々木が続き、日本勢が表彰台を独占した。

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップのオープニングレース、開幕戦カタール大会の決勝レースは23日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、伊達悠太(14歳)が優勝。北見剣(17歳)が2位、佐々木歩夢(13歳)が3位を獲得。日本勢が表彰台を獲得した。

前日の22日に実施された公式予選でポールポジションを獲得した伊達は、ホールショットを決めた後、10人による優勝争いが展開された中、ラスト2ラップに再びトップに飛び出して優勝。スタートから積極的にレースの主導権を握った4番グリッドの北見と8番グリッドの佐々木は、昨年アジア・ドリーム・カップ選手権の参戦により当地でのレース経験がある7番グリッドのナカリン・アティラプヴァパット(タイ/18歳)をゴールライン手前で交わして、逆転で2位と3位を獲得。

9番グリッドの國峰啄磨(15歳)は5位。2番グリッドの水野涼(15歳)と10番グリッドの関野海斗(16歳)は8位と9位。2度のフリー走行で総合1番手に進出した6番グリッドの鳥羽海渡(13歳)は、3番手走行中の2ラップ目に転倒。21番グリッドの吉田翼(14歳)は、2ラップ目の他車と接触して転倒リタイヤを喫した。

次戦のインドネシア大会は、セントゥール・インターナショナル・サーキットで5月9日に開幕、11日に決勝レースが行われる。

決勝レースビデオ

Tags:
MotoGP, 2014, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›