初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カレックスが2015年に最高峰クラス参入を検討

ドイツスの専門誌、SPEED WEEK(スピードウィーク)は、Moto2™クラスとMoto3™クラスに車体を供給するカレックスの代表アレックス・バウムゲルテルが、ヤマハのエンジンを使用して、最高峰クラス初参戦を検討するマーク・VDS・レーシングとポンス・HP・40との間で、シャーシを製造する可能性に関して、交渉を継続していることを認めた。

バウムゲルテルは、ヤマハから必要な情報を入手次第、製造に着手する準備があるが、最低でも6ヶ月間の製造時間が必要であることを説明。近日中に決断が下れば、最終戦後のオフィシャルテストに向けてシャーシを投入できることを明かした。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›