初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エスパルガロ弟がチームのホームで2番グリッドを獲得

エスパルガロ弟がチームのホームで2番グリッドを獲得

2日目に飛躍的な進歩を果たしたエスパルガロ弟が、タイムアタックでドビツィオーソ、ブラドル、ロッシ、ロレンソとのタイムバトルに僅少さで制して、自己最高位を獲得。チームとタイトルスポンサーのホームレースを1列目から挑戦する。

モンスター・ヤマハ・テック3のポル・エスパルガロは、第5戦フランスGPの公式予選で2番時計を記録。チームのホームレースを初の1列目から迎える。

前戦スペインGPで初の3列目となる8番グリッドから3戦連続のシングルフィニッシュとなる9位に進出した後、オフィシャルテストで7番手に進出。昨年中量級で転倒を喫したルマンに戻って来ると、初日は1.054秒差の総合11番手。

2日目は、フリー走行3で1分33秒台を5回記録して、0.220秒差の3番手。フリー走行4では、1分33秒台を1回記録して、0.555秒差の8番手に後退したが、公式予選2で1分33秒台を5回、1分32秒台を1回記録して、0.692秒差の2番手に進出した。

「ちょっとした勝利だ。戦闘的になるために懸命に働いてきて、ようやく僕はここにいる。チームのホームに向けて、プレシーズンから頑張って来た。これはグレートなプレミアムだ。僅か1ラップだけど、僕たちのペースはそれほど悪くない。2番グリッドからのスタートは、少しパワーを与えてくれる。」

「表彰台に関しては、現実的にならないと。僕たちのペースは速くない。もしかしたら、数戦後に表彰台のことを考えられるかもしれない。当然、全力でトライするけど、疑いなく、ホルヘ・ロレンソの方がスピードとペースが速い」と、会心の笑みで予選を振り返り、決勝レースへの抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2014, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, Pol Espargaro, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›