初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソがドゥカティで3度目の1列目を獲得

A.ドビツィオーソがドゥカティで3度目の1列目を獲得

フリー走行4で3番手に進出したドビツィオーソが、タイムアタックで3番時計。昨年1列目から優勝争いを展開したルマンで、昨年のムジェロ以来18戦ぶりに1列目を獲得した。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第5戦フランスGPの公式予選で3番時計を記録。ドゥカティに所属してから、3度目の3番グリッド、3度目の1列目を獲得した。

前戦スペインGPで5位に進出した後、ヘレス・サーキットでのオフィシャルテストをキャンセルして、次戦イタリアGPの開催地、ムジェロ・サーキットでプライベートテストを実施。昨年3番グリッドから優勝争いを展開して、シーズンのベストリザルトとなる4位を獲得したルマンに乗り込むと、初日は0.665秒差の総合8番手。

「同じタイヤで周回して、上位陣に位置する。これはポジティブだ。まだ、セッティングを改良する必要があるけど、トップ10を確保したから、セッションの終わりにタイヤを履き替えなかった。良い週末の始まりだ」と、初日を評価。

2日目は、フリー走行3で0.695秒差の9番手、フリー走行4で0.215秒差の3番手に浮上。公式予選2では、1分33秒台を1回、1分32秒台を1回記録して、0.713秒差の3番手に進出した。

「1列目がすごく嬉しいけど、僕たちのタイム(1分32秒7)は非常に速い。予選前にグッドなフィーリングがあった。ハードタイヤを履いてのペースは非常に速い。上位陣に接近する速さだ。これは僕たちが進歩していることを証明する。特にステアリングが良くなっている。」

「多くのライダーたちが似たようなペースだから、非常に難しくなるだろうけど、レースに向けて、ベストコンディションに位置する。グッドなチャンスだ。ヘレスよりも少しベターだろう。表彰台争いに接近できる。まだ他のライダーたちと同じレベルにないけど、僕たちは近づいている」と、確実な進歩を強調した。

Tags:
MotoGP, 2014, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›