初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:E.バスケスが初日12番手から1番手に浮上

フリー走行3:E.バスケスが初日12番手から1番手に浮上

初日総合12番手だったランク3位のバスケスが、サーキットレコードラップとサーキットベストラップを大きく上回って1分43秒台に進出。オースティン、ヘレスに続き、今季3度目のフリー走行総合1番手に浮上すれば、ビニャーレス、ミラー、リンスが続き、初日総合1番手のマルケスは、コンマ3秒差の5番手だった。

第5戦フランスGPのフリー走行3は17日、ルマンで行われ、ランク3位のエフレン・バスケスがトップタイムをマーク。2戦連続今季3度目のフリー走行総合1番手に進出した。

気温16度。路面温度18度のドライコンディションの中、初日総合12番手のバスケスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分43秒台を5回、1分42秒台を1回記録。サーキットレコードラップ(1分43秒916)とサーキットベストラップ(1分43秒696)を大きく上回る1分42秒847の1番時計を刻んだ。

初日総合4番手のイサック・ビニャーレスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分44秒台を3回、1分43秒台を4回記録して、0.198秒差の2番手。

初日総合3番手のジャック・ミラーは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分44秒台を2回、1分43秒台を最多の8回記録して、0.253秒差の3番手を維持。

初日総合2番手のアレックス・リンスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分44秒台を6回、1分43秒台を6回記録して、0.271秒差の4番手。

フリー走行2でサーキットベストラップを更新した初日総合1番手のアレックス・マルケスは、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分44秒台を6回、1分43秒台を6回記録して、0.368秒差の5番手に後退。ニクラス・アジョ、ミゲール・オリベイラ、アレックス・マスボー、ダニー・ケント、フランセスコ・バグナイアがトップ10入り。

初日総合6番手のロマーノ・フェナティは、3度のコースインで最多の19ラップを周回して、0.775秒差の11番手だった。

リザルト

Tags:
Moto3, 2014, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, FP3

Other updates you may be interested in ›