Tickets purchase
Videopass purchase

ウォームアップ走行:M.マルケスが決勝レース前に最速時計

開幕から5戦連続してポールポジションを獲得したマルケスが、決勝レース前のプラクティスでオースティン、アルゼンチンに続き、今季3度目となる1番時計を記録。イアンノーネ、ロッシ、ロレンソ、エスパルガロ弟が続き、ペドロサは6番手、ドビツィオーソは10番手。17番グリッドの青山は16番手だった。

第5戦フランスGPのウォームアップ走行は18日、ルマンで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスがトップタイムをマーク。決勝レース前のプラクティスを制した。

気温18度。路面温度22度のドライコンディションの中、ポールポジションのマルケスは、2度のコースインで10ラップを周回すると、1分33秒台を7回記録。1分33秒369の1番時計を刻んだ。

11番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、2度のコースインで10ラップを周回すると、1分33秒台を3回記録して、0.161秒差の2番手。

5番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、1度のコースインで13ラップを周回すると、1分33秒台を3回記録して、0.328秒差の3番手。

6番グリッドのホルヘ・ロレンソは、1度のコースインで13ラップを周回すると、1分33秒台を最多の8回記録して、0.352秒差の4番手。

2番グリッドのポル・エスパルガロは、0.566秒差の5番手。9番グリッドのダニ・ペドロサ、7番グリッドのアルバロ・バウティスタ、4番グリッドのステファン・ブラドル、12番グリッドのカル・クラッチロー、3番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソがトップ10入り。

17番グリッドの青山博一は、2度のコースインで11ラップを周回すると、1分35秒台を5回、1分33秒台を2回記録して、1.624秒差の16番手。

リザルト

Tags:
MotoGP, 2014, WUP, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›