初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタが今季初の表彰台を獲得

A.バウティスタが今季初の表彰台を獲得

完走最優先で6位に進出した前戦からオフィシャルテストを経て、ルマンに乗り込んで来たバウティスタが、安定した走りで、プラクティスの走りを再現させて、次々にライバルたちをオーバーテイク。2012年の日本GP以来となる最高峰クラスで通算3度目の表彰台を獲得した。

ゴー&ファン・ホンダ・グレシーニのアルバロ・バウティスタは、第5戦フランスGPの決勝レースで7番グリッドから3位。2012年10月の第15戦日本GP以来27戦ぶりに自己最高位タイとなる3度目の3位、ルマンで初めての表彰台を獲得した。

開幕から3戦連続して転倒リタイヤを喫した後、完走を最優先とした前戦スペインGPで6位、日信工業製のフロントブレーキ、ショーワ製のフロントフォークとリアサスペンションを検証したオフィシャルテストで5番手に進出して、過去10度の挑戦で、まだ1度も表彰台を獲得していない当地に乗り込むと、フリー走行1から5番手、3番手、4番手、9番手。

ウォームアップ走行で7番手だった後、決勝レースでは、3ラップ目に8番手に後退したが、プラクティスで掴んだ1分34秒台前半の安定したリズムで順位を上げると、10ラップ目にホルヘ・ロレンソ、12ラップ目にステファン・ブラドル、18ラップ目には序盤2.3秒差のギャップがあったポル・エスパルガロを抜いて3番手に浮上した。

「アメイジングな1日だ!とても耐えた厳しいシーズンのスタートだったけど、僕たちは決して屈せず、懸命に働き続けた。週末に素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい。プラクティスでは、ポテンシャルが最も高かったマルケス以外のライダーたちに接近していたから、グッドなリザルトを獲得できると思っていた。」

「スタートは良かったけど、序盤に少し渋滞にはまってしまった。落ち着いて、少しずつペースを掴んで、ポジションを挽回した。3番手に浮上したとき、前を走るロッシに近づこうとプッシュしたけど、考えていたよりもギャップが大き過ぎた。厳しい時期も僕たちを支えてくれたチームとスポンサーに感謝したい」と、表彰台獲得を喜んだ。

Tags:
MotoGP, 2014, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›