初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フォワード・レーシング、ムジェロに新型シャーシを投入

フォワード・レーシング、ムジェロに新型シャーシを投入

ヤマハとのコラボにより、2013年型M1のエンジン、シャーシ、スイングアームを使用するフォワード・レーシングが、2015年の布石として、ムジェロでオリジナルのシャーシを投入する。

NGM・フォワード・レーシングのチームオーナー、ジオバンニ・クザーリは、当サイトのインタビューに応えて、次戦イタリアGPで現在開発中の新型シャーシを投入することを明かし、第7戦カタルーニャGP後のオフィシャルテストに、2015年を視野にシモーネ・コルシを再度起用することを説明した。

2015年に向けてのバイクの開発状況を説明して下さい。
最初の新しいアイテムはルマンに届きました。それはギアボックスです。その一方で、ムジェロには新型シャーシと新しいフロントフェアリングが届く予定です。リアに関しては修正され、新しいアイテムはシートとその周辺に影響を与えることになります。この新しいデザインをレースで確認できるかもしれません。バルセロナとアッセンの間には、残りのパーツが届くことになり、2015年型の約75%が構成されます。

ヤマハとの契約では、エンジン、シャーシ、スイングアームのリース供給となっていますが、ライダー間の技術的なレベルに違いが生じるでしょうか?
ムジェロで、我々が製造したシャーシをコーリンが試すように準備します。彼が希望するようであれば、レースでヤマハのシャーシを使用しない可能性があります。現時点では、ヤマハからのシャーシとスイングアームのリース供給が今季末までです。

現状、2人のライダーは全く同じパッケージを使用します。アレックスは非常に速いライダーで、上手く順応して、直ぐに信頼感を見つけました。その一方で、コーリンは方向展開に苦戦しています。アレックスが新型シャーシをテストする予定はありませんが、彼が希望すれば、問題なく準備します。

シモーネ・コルシがヘレスで開催されましたオフィシャルテストに参加しました。コーリン・エドワーズが引退した後、彼を後任に指名することを考えていますか?
テストの目的は、2015年に向けて、このバイクを走らせる可能性を検討し始めることでした。彼は1分42秒後半のラップタイムを出しましたが、少し混乱しています。このラップタイムは直ぐに出ましたが、その後にタイムを伸ばすことができませんでした。

しかし、彼のキャリアにとって、MotoGPマシンを初めて走らせたこと、Moto2マシンとは異なることから、両前腕に痛みを訴えたことを考慮する必要があります。慣れるには多少の時間が必要です。バルセロナで彼を再度起用することは、ほぼ間違いありません。現在、最高峰クラスに参戦するイタリア人ライダーも観てみたいです。

アレックス・エスパルガロは、素晴らしい成績を挙げていますが、ライダー市場において、彼の名前が浮上しているようです。
正直、アレックスとの契約は1年の延長オプションを含めた2年契約です。契約は尊重するために存在します。契約満期前に、彼が離脱することを予想していませんが、もし、不測の事態が発生したとしても、このバイクを希望するライダーを見つけることに苦労しないでしょう。アレックスのおかげで、このバイクがウイニングパッケージであることを証明しました。

Tags:
MotoGP, 2014, NGM Forward Racing

Other updates you may be interested in ›