初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

3冠連覇に向けて快進撃のレプソル・ホンダがムジェロに挑戦

3冠連覇に向けて快進撃のレプソル・ホンダがムジェロに挑戦

5連勝の後、フィジカルトレーニングに集中したマルケスと手術した右前腕の抜糸をして落ち着いた通常通りの1週間を過ごしたペドロサが、シリーズ6戦目のムジェロに挑戦する。

ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダは、3冠連覇に向けて、ライダー部門、コンストラクター部門、チーム部門で、ライバル勢とのポイントアドバンテージを広げ、今週末にムジェロ・サーキットで開催される第6戦イタリアGPに乗り込む。

3冠連覇の原動力として、開幕から5連勝を達成したポイントリーダーのマルク・マルケスは、昨年フリー走行2でハードクラッシュを喫した後、最高峰クラス1年目のワーストグリッドとなる6番グリッドから2番手走行中のラスト3ラップにシーズンで唯一の転倒リタイヤを喫したトラックを迎えるが、昨年5戦が終了した時点で7回、1年間で15回の転倒を喫しながら、今年は0回。転倒の視点からも成長した走りが際立っている。

「前戦はファンタスティックな週末だった。外から見れば簡単のように思われるけど、バイクのセットアップに向けて、チームと一緒に懸命に仕事に取り組んだ結果だった。ムジェロは開催日程の中で最も困難なトラックの1つ。昨年は大苦戦だった。週末に転倒して、レースでも転んでしまった。」

「1年間の経験を積んで、ものごとが簡単になることを期待する。バレンティーノはホームレースで非常に強い。ホルヘは3年連続して優勝、ダニも非常に速いから、僕たちは集中しないと。優勝争いができなければ、チャンピオンシップに向けて重要なポイントを加算しよう」と、厳しい週末になることを予想。

前戦フランスGPで右前腕を手術したことが影響して、開幕から5戦連続の表彰台を逃したランク2位のダニ・ペドロサは、昨年2年連続のポールポジションから2位に進出して、ポイントリーダーの座を堅守。2010年のポール・トゥ・フィニッシュを含めて5度の表彰台を獲得した高速トラックで、ポイントリーダーとの42ポイント差を詰めに行く。

「ムジェロはロングコーナーがある高速トラックだから、グッドなセッティングとグッドなグリップを見つけることが重要。雰囲気は特別で、天候はいつも完璧だから、満員のサーキットの中で走りたい。ここ数戦のレースペースは良かったけど、予選を良くしなければいけない」と、週末の改善点を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Dani Pedrosa, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›