初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、3人体制でホームレースに挑戦

ドゥカティ、3人体制でホームレースに挑戦

熱狂的なドゥカディスタたちが集結するホームトラック、ムジェロでのホームレースを迎えるドゥカティが、プライベートテストを実施して、ドビツィオーソ、クラッチロー、ピロの3人体制で上位進出を目指す。

ドゥカティ・チームは、今週末にホームトラックのムジェロ・サーキットで開催される第6戦イタリアGPに、レギュラーライダーのアンドレア・ドビツィオーソとカル・クラッチローに加え、テストライダーのミケーレ・ピロをワイルドカードとして召集。今月12日のプライベートテストを経て、3人体制で挑戦する。

前戦フランスGPでドゥカティに加入してから3度目の1列目、3番グリッドから1番手に飛び出す快走を見せたランク4位のドビツィオーソは、昨年ドゥカティのファクトリーライダーとして挑戦すると、3番グリッドからドライコンディションでのベストリザルトとなる19.540秒差の5位に進出。

「ムジェロはGP14のキャラクターに少し良く適応するから週末は上手く行くと思う。僕たちのアプローチは、バイクの性能を最大限に引き出すこと。昨年はグッドな5位だった。今年もグッドなレースがしたい。ルマンの前にプライベートテストを実施して、ポジティブなフィードバックをしたから、僕たちのホームレースとなるムジェロが待ちきれない」と、好成績の獲得に期待を膨らませた。

前戦で今季2度目の完走を果たしたランク16位のクラッチローは、昨年4番グリッドから3位表彰台を獲得。ドゥカティのファクトリーライダーとして、初めてドゥカディスタたちの前に登場する。

「イタリア、ドゥカティのホーム、ムジェロに行くことは、本当に素晴らしい体験となる。トラックは昨年すごくカインドで、4番グリッドから表彰台でフィニッシュした。僕とアンドレアは、決して簡単なことではないけど、戦闘的になるために100%でプッシュする。僕たちのホームレースでドゥカティファンのサポートが楽しみ。クレージーになることは間違いないだろう」と、ファンの前で全力を尽くすことを誓った。

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM

Other updates you may be interested in ›