初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レッドブル・ルーキーズ・カップ:2戦目の舞台はムジェロ

レッドブル・ルーキーズ・カップ:2戦目の舞台はムジェロ

初開催の2007年から今年で6度目の開催となるムジェロに、オープニングレースで初優勝を挙げた三原を筆頭に、12ヶ国から23名のヤングライダーたちが集結。将来のMoto3™クラス進出を目指して、存在感をアピールする。

レッドブル・ルーキーズ・カップの第2戦ムジェロ大会は今週末、第6戦イタリアGPの併催として、ムジェロ・サーキットで開催。12ヶ国(スペイン、イタリア、フランス、オランダ、イギリス、ドイツ、トルコ、チェコ、スコットランド、南アフリカ、オーストラリア、日本)から23名のヤングライダーたちが参戦する。

開幕戦ヘレス大会で4位と優勝を獲得したジョアン・ミル(スペイン/16歳)がポイントリーダーとして、ランク2位のホルヘ・マルティン(スペイン/16歳)、ランク3位のマヌエル・パグリアーニ(イタリア/17歳)、ランク5位のステファノ・マンジ(イタリア/15歳)らの挑戦を受ける。

開幕戦のオープニングレースで初優勝、第2レースで9位に入ったランク4位の三原荘紫(14歳)は、ルマンで初開催されたFIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップに参戦。経験を積んで、ムジェロに初挑戦する。

参戦1年目のマカル・ユルチェンコ(ロシア/14歳)は、FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップのスタート直後に発生した多重クラッシュに巻き込まれて、右手首、右前腕、右肘、左手首を骨折したことから、今大会を欠場する。

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM

Other updates you may be interested in ›