初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシが史上2人目のキャリア通算300戦目に挑戦

V.ロッシが史上2人目のキャリア通算300戦目に挑戦

シャーアラムで開催された1996年3月の開幕戦マレーシアGPでグランプリデビューを果たした現役最多参戦のロッシが、伝説の7連勝を築いたホームサーキット、ムジェロで、キャリア通算300戦目を迎える。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、今週末のホームレースとなる第6戦イタリアGPで、65年のチャンピオンシップ史上2人目となるキャリア通算300戦目を迎える。

・ 世界選手権が1949年6月に開幕してから通算837戦中、299戦に参戦、35.7%の参戦率を記録。

・ キャリア全299戦中、266戦でポイント圏内に進出。

・ 7機種のバイクで優勝:アプリリア125cc/アプリリア250cc/ホンダ500cc/ホンダ990cc/ヤマハ990cc/ヤマハ1000cc/ヤマハ800cc。

・ 500cc2ストローク/990cc4ストローク/800cc4ストローク/1000cc4ストロークマシンで唯一の優勝経験者。

・ 36のグランプリサーキットでレース、27で優勝。

・ カタルーニャ・サーキットとムジェロ・サーキットでそれぞれ9勝。ヘレス・サーキットで最多の19戦。

・ 初優勝を挙げた1996年8月の第11戦チェコGPから最後の優勝となった2013年6月の第7戦TTアッセンまで、カリス・カピロッシ(17歳と49日)に続く史上2番目の最長勝利(16歳と204日)。

通算250戦以上を達成したライダーたち
ロリス・カピロッシ: 328戦 (MotoGP/500ccクラス-217戦)
バレンティーノ・ロッシ: 299戦 (MotoGP/500ccクラス-239戦)
ジャック・フィンドレイ: 282戦 (MotoGP/500ccクラス-157戦)
アレックス・バロス: 276戦 (MotoGP/500ccクラス-245戦)
アンヘル・ニエト: 265戦 (MotoGP/500ccクラス-1戦)
ブルーノ・クノイビューラー: 264戦 (MotoGP/500ccクラス-71戦)
ランディ・ド・プニエ: 252戦 (MotoGP/500ccクラス-139戦)

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›