初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハのロッシが伝説の7連勝、ロレンソは2011年から3連勝のムジェロに挑戦

ヤマハのロッシが伝説の7連勝、ロレンソは2011年から3連勝のムジェロに挑戦

好調のロッシが、近年好成績を挙げられなかったホームのムジェロで通算300戦目を迎えれば、厳しい序盤を過ごしたロレンソは、3年連続の優勝を挙げた得意トラックで、状況を一転させることを誓った。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、ムジェロ・サーキットの伝説となる7連勝を達成したホームレース、第6戦イタリアGPを迎えれば、ホルヘ・ロレンソが、2011年から3連勝を挙げた高速トラックに乗り込む。

前戦フランスGPで最高峰クラス通算150回目の表彰台を獲得したランク3位のロッシは、2002年から伝説の7連勝を飾ったムジェロでキャリア通算300戦目を迎え、昨年7番グリッドから1ラップ目に他車と接触転倒を喫したが、2009年以来5年ぶりの表彰台、2008年以来6年ぶりの優勝を狙う。

「ムジェロに行くことが嬉しい。ビューティフルなトラック。大好きだ。シーズンで最もお気に入りの週末だから、ベストを尽くそう。他のレースと同様に25ポイントの争いだけど、ムジェロは名誉の問題なんだ。」

「ホルヘはこの3年間ファンタスティックなレースで連勝した。これはムジェロにおいて、M1が非常に戦闘力であることを意味する。300戦目の週末。年寄りという意味では嬉しくないけど、僕は好調で、まだ速いことが嬉しい。ムジェロで会おう!」と、特別な週末に向けて意気込みを語った。

前戦で6位だったランク5位のロレンソは、2011年から3年連続して優勝、2009年から5年連続して表彰台を獲得した当地で今季初優勝、今季2度目の表彰台を獲得して、ポイントリーダーとの80ポイント差、チームメイトとの36ポイント差を詰めたいところ。

「ルマンで起きたことを忘れたい。バイクのグッドなフィーリングを感じることができなかったから、将来のことを考える必要がある。決してギブアップしない。次戦の準備に向けて懸命に仕事を続けよう。これから僕にとって特別なサーキットが続くから、ものごとを一転させることができる。」

「初優勝にトライする必要がある。ムジェロは良い思い出がある。僕のライディングスタイルにとって、レイアウトはファンタスティックだ。僕たちの方向性が見つかることを期待する」と、仕切り直しの1戦となることを説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM

Other updates you may be interested in ›