初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップ:3戦目のモーターランド・アラゴンに23ヶ国から118名が集結

FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップ:3戦目のモーターランド・アラゴンに23ヶ国から118名が集結

2009年に開設して、2010年から世界選手権と国内選手権を継続開催するモーターランド・アラゴンに、将来の世界舞台進出を目指す47名のヤングライダーたちが集結。日本から尾野、藤井、鈴木、国峰、三原の5名が挑戦する。

FIM国際モーターサイクリズム連盟の傘下大会、FIM・CEV・レプソル・インターナショナル・チャンピオンシップの第3戦アラゴン大会は週末、モーターランド・アラゴンで開催。3クラスに23ヶ国から118名が参戦。日本から5名のヤングライダーたちが挑戦する。

前戦で初めてスペインを離れて、フランス・ルマンで開催されたMoto3™クラスは、13ヶ国:スペイン(14名)をはじめ、日本(5)、イタリア(5)、ドイツ(4)、オランダ(3)、オーストラリア(3)、マレーシア(3)、フランス(2)、イギリス(2)、ベルギー(2)、ベネズエラ(2)、オーストリア(1)、アンドラ(1)から合計47名が参戦。

注目は、スペインでキャリアを積み、初走行のルマンで今季2勝目を挙げたポイントリーダーのファビオ・クアルタラロ(フランス/15歳)と来週末にバルセロナ-カタルーニャ・サーキットで開催される第7戦カタルーニャGPにワイルドカード参戦が決定しているランク2位のガブリエル・ロドリゲス(スペイン-アルゼンチン/17歳)とランク3位のマリア・エレーラ(スペイン/17歳)。

日本勢は、前戦で3位表彰台を獲得してランク4位に浮上した尾野弘樹(21歳)をはじめ、ランク15位の国峰啄磨(15歳)、ランク22位の鈴木竜生(16歳)、藤井謙汰(19歳)、三原荘紫(14歳)が参戦。

2レースが予定されているMoto2™&スーパーストック600クラスは、14ヶ国:スペイン(18)、イギリス(4)、ドイツ(3)、フランス(3)、イタリア(3)、アルゼンチン(3)、スイス(2)、オーストラリア(1)、ベルギー(1)、チェコ(1)、南アフリカ(1)、アメリカ(1)、スウェーデン(1)、ルーマニア(1)から合計43名が参戦。

注目は、開幕戦で優勝争いを展開して最終ラップの最終コーナーで接触転倒したイェスコ・ラッフィン(スイス)とセバスチャン・ポルト(アルゼンチン)、初参戦初優勝を挙げたエドガル・ポンス(スペイン)、中量級に昇格して表彰台を獲得したフロリアン・アルト(ドイツ)とアラン・ティチャー(フランス)。ランディ・マモラの息子ダコタが同選手権にデビューする。

 

2レースが予定されているスーパーバイククラスは、9ヶ国:スペイン(13)、フランス(6)、イギリス(2)、フィンランド(2)、スウェーデン(1)、デンマーク(1)、アメリカ(1)、ベネズエラ(1)、カナダ(1)から28名がエントリーした。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›