初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストンがリアに左右で2ステップ違いの非対称コンパウンドを供給

ブリヂストンがリアに左右で2ステップ違いの非対称コンパウンドを供給

高速の右コーナーと低中速の左コーナーが特徴なレイアウトを持つバルセロナ-カタルーニャ・サーキットに向けて、最高峰クラスのライダーたちを足元からしっかり支えるタイヤサプライヤーのブリヂストンが、リアタイヤに左右で2ステップ違いの左右非対称コンパウンドを投入する。

MotoGP™クラスのオフィシャルタイヤサプライヤー、ブリヂストンは、今週末にバルセロナ-カタルーニャ・サーキットで開催される第7戦カタルーニャGPに向けて、トラックレイアウトを考慮して、リアタイヤに左右で2ステップ違いとなる左右非対称のコンパウンドを準備する。

今年で23年連続の開催となる当地は、全長4,727メートル、右8コーナー、左5コーナーの時計周りレイアウト。2コーナーから先の右コーナーは、長く加速しながら登って行き、12コーナーと最終コーナーがスピードに乗って行くことから、リアタイヤの右側の摩擦と発熱が非常に厳しくなる一方で、左コーナーは低中速コーナーがメインとなり、温まり難いことから、左右で2ステップ違いの左右非対称コンパウンドを使用。

今回は、リアにドゥカティとオープンオプションにソフト(白)とメディアム(黒)、ファクトリーオプションにはミディアム(黒)とハード(赤)を供給。ミディアム(黒)の左側はエキストラソフトコンパウンド、ハード(赤)の左側はソフトコンパウンドとなる。

フロントには、ソフト(白)、メディアム(黒)、ハード(赤)を投入。

月曜のオフィシャルテストを含めて、週末は好天候が予報されているが、ウェット用には、前戦イタリアGPと同様に、フロントとリアにハード(赤)をメインに、ソフト(白)をオプションとして準備する。

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMI MONSTER ENERGY DE CATALUNYA

Other updates you may be interested in ›