Tickets purchase
VideoPass purchase

D.エジャーターがアビンティアから最高峰クラスのテストに参加

中量級でランク4位に進出するスイス人ライダー、エジャーターが来季の最高峰クラス進出を視野に入れ、シーズン2度目となるオフィシャルテストに、アビンティアから参戦することになった。

テクノマグ・カーエキスパートのドミニケ・エジャーターは、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットで開催される今週末の第7戦カタルーニャGP後、アビンティア・レーシングから16日のオフィシャルテストに参加。来季の最高峰クラス進出を視野に入れ、オープンオプションのカテゴリーに参戦するチームのオリジナルマシンを走らせる。

「初めてMotoGP™バイクをテストできることはナイスだ。アビンティアが僕にチャンスをくれた。すごく待ち遠しい。実は僕のメカニックがアビンティアの関係者を知っていて、そこから来年に関して話し始めたら、どこかのタイミングでバイクに乗らないかと打診された。所属チームと相談して、今回テストに参加することになった」と、経緯を説明。

来年最高峰クラスに初挑戦する可能性に関しては、「まだ早過ぎる。もちろん、チームとバイクを含めたベストチャンスを確認しよう。もしかしたら、Moto2™クラスに継続参戦するかもしれない。実際のところ、まだ分からないけど、来年どうなるか確認する必要がある。1~2ヶ月後には全てがハッキリするから、どのようなことが起こるのか様子を見ないと。」

「現時点では、レースに集中する。チームとマネージャーは来年に向けて最善の方向性を見つけてくれるだろう。今年は沢山表彰台を獲得して、数勝を挙げて、最終的にランク3位以内に進出したい。もしそうなれば、最高峰クラスに進出するためのグッドなチャンスが得られるだろう」と、明確な目標を設定した。

Tags:
MotoGP, 2014, Dominique Aegerter, Avintia Racing

Other updates you may be interested in ›