初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

B.スミスが最高峰クラスで初めての1番時計を記録

B.スミスが最高峰クラスで初めての1番時計を記録

前戦で転倒リタイヤを喫したが、最高峰クラス2年目に成長の好走を見せるスミスが、フリー走行1で13番手だった後に、フリー走行2で1番手に進出。初日に自己最高位となる総合2番手に躍進した。

モンスター・ヤマハ・テック3のブラドリー・スミスは、第7戦カタルーニャGPのフリー走行2で、最高峰クラスに進出してから初めての最速時計を記録。初日総合2番手に進出した。

フリー走行1で21ラップを周回して1分43秒台を8回記録。トップタイムから2.046秒差の13番手だった後、2度目のプラクティスで20ラップを周回すると、1分43秒台を12回、1分42秒台を1回記録。1分42秒123の1番時計を刻んだ。

「フリー走行2を1番手で終えたことは、疑いなくグレートだ。ムジェロで鍵となる仕事して、ここで結果が出始めたことが嬉しい。セッティングは非常にポジティブだけど、前戦は不運でそのことを証明できなかった。今日の優先事項はフロントの旋回とタイヤチョイス。セクター4での挙動とバランスを調整する必要がある。少し難しいけど、全体的に自信がある」と、好発進した初日を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2014, GRAN PREMI MONSTER ENERGY DE CATALUNYA, Bradley Smith, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›