Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:M.マルケスが開幕から史上最年少記録を更新する7連勝を達成

ポイントランキングの上位4人が優勝争いを展開。ポイントリーダーのマルケスが、開幕から7戦連続の1列目となる3番グリッドから地元で4年ぶりとなる優勝。史上最年少となる7連勝を達成すれば、ランク2位のロッシが2位、ランク3位のペドロサが3位表彰台を獲得。ロレンソ、ブラドル、エスパルガロ兄が続き、青山は15位でフィニッシュした。

第7戦カタルーニャGPの決勝レースは15日、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスが、開幕戦カタールGPから7戦連続の1列目となる3番グリッドから史上最年少の記録を更新する7連勝を飾った。

気温22度。路面温度34度のドライコンディションの中、3番グリッドのマルケスは、序盤から優勝争いを展開。ラスト6ラップにトップに飛び出すと、最後までライバルのアタックを抑え込み、地元で2010年の125ccクラス以来4年ぶりに優勝を飾った。

ウォームアップ走行で今季初転倒を喫した5番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、1ラップ目に2番手、4ラップ目に1番手に浮上。積極的にレースの主導権を握って、0.512秒差で今季4度目の2位、4戦連続5度目の表彰台を獲得。

早朝の雨により、ハーフウェットのコンディションで行われたウォームアップ走行で1番時計を記録したポールポジションのダニ・ペドロサは、最終ラップまで優勝争いを繰り広げて3位、今季5度目の表彰台を獲得。

2番グリッドのホルヘ・ロレンソは、ホールショットを決めて1ラップ目を1番手で通過。トップグループで走行して4位でフィニッシュすれば、4番グリッドのステファン・ブラドルは中盤までトップグループを追走して5位。

今週末に今季6基目のエンジンを投入した6番グリッドのアレックス・エスパルガロは6位。今季6度目となるオープンオプションの最高位に進出すれば、10番グリッドのポル・エスパルガロ、7番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソ、11番グリッドのアンドレア・イアンノーネ、8番グリッドのブラドリー・スミスがトップ10入り。

前戦イタリアGP後に右手を手術した16番グリッドのニッキー・ヘイデンは12位。今週末に今季6基目のエンジンを投入して、ウォームアップ走行で14番手だった20番グリッドの青山博一は15位、開幕から7戦連続してポイント圏内に進出した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのマルケスが、ランク2位のロッシに58ポイント差、ランク3位のペドロサに63ポイント差のアドバンテージを広げた。

次戦TTアッセンは、TTアッセン・サーキットで26日に開幕、28日の土曜日に決勝レースが行われる。

リザルト

Tags:
MotoGP, 2014, RAC

Other updates you may be interested in ›