Tickets purchase
VideoPass purchase

ワシントン・ポストが第7戦カタルーニャGPを称賛

アメリカ首都ワシントDCの一般紙、The Washington Post(ワシントン・ポスト)は、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットでマルケス、ロッシ、ペドロサ、ロレンソが繰り広げた第7戦カタルーニャGPの決勝レースを称賛。

「オール・オア・ナッシングと自分に言い聞かせ、100%のリスクを背負った」と、開幕から7連勝を達成して、ホンダにMotoGP™クラスで通算100勝目をもたらしたマルケスの発言を掲載すれば、「グッドなスペクタクロを提供した。最終ラップは何度か接触して、最後は転びそうになったけど、最後まで優勝争いができたから嬉しい」と、3位でゴールしたペドロサのコメントを載せた。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›