初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、2002年から12年間で4勝のTTアッセンに挑戦

レプソル・ホンダ、2002年から12年間で4勝のTTアッセンに挑戦

開幕から7連勝、5度のダブル表彰台を獲得して、ライダー、コンストラクター、チームの3部門で首位を走るホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサが、2002年から12年間で4勝のTTアッセンで7勝のヤマハ勢に挑戦する。

レプソル・ホンダは、競技規定が変更された2002年から12年間で4勝を挙げたTT・アッセン・サーキットで開催される第8戦TTアッセンで今季8勝目、6度目のダブル表彰台を目指す。

過去12年間で、ヤマハが最多勝の7勝。ホンダは4勝、ドゥカティは1勝。合計36の表彰台では、ホンダが17度の表彰台を獲得すれば、ヤマハは14度、ドゥカティは4度、カワサキが1度の表彰台を獲得。2003年には表彰台を独占していた。

ホームレースとなった前戦カタルーニャGPで、今季初転倒で開幕からの7戦連続ポールポジションを逃したポイントリーダーのマルク・マルケスだったが、MotoGP™クラスでは2人目、最高峰クラスでは9人目となる7連勝を達成して、昨年の優勝数(6勝)を更新。

オフィシャルテストでは、最速リズムと最速タイムを記録して、125ccクラス3年目の2010年から3年連続の優勝、昨年はフリー走行3で転倒して右手小指と右足親指を骨折しながら、2番グリッドから2位に進出した当地を迎える。

「本当にグッドなシーズンの序盤を楽しんでいるけど、いつまでも続かない。アッセンは好きなサーキット。過去にはグッドなリザルトを獲得して、昨年はMotoGP™クラスでの初めてのレースで2位に入った。天候は予測できないから、いつものように、グッドなセッティングを見つけるために、最初のプラクティスから懸命に仕事をしよう」と、連勝にこだわらず、これまでと同じアプローチで週末に挑むことを説明。

1年ぶりのポールポジションから今季5度目の表彰台を獲得した63ポイント差のランク3位、ダニ・ペドロサは、課題だった右前腕の回復、予選順位、序盤のパフォーマンスで満足の手応えを掴み、125ccクラス2年目の2002年に優勝を挙げ、最高峰クラスでは4度の表彰台を獲得、昨年は5番グリッドから4位だった当地に乗り込む。

「カタルーニャで優勝争いに戻れたことはナイスだった。アッセンが楽しみ。もう一歩前進したい。昨年は本当に良いレースではなかったから、今年は良くしたい。天候は通常変わりやすいから、ドライになっている時間を最大限に活かさないと。好きなサーキットだけど、高速コーナーがあるから、グッドなセッティングとタイヤのフィーリングを見ることが大切だ」と、コース戦略を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, IVECO DAILY TT ASSEN, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›