初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダのマルケスとペドロサは初日2-3番手発進

レプソル・ホンダのマルケスとペドロサは初日2-3番手発進

開幕から7連勝で勢いに乗るマルケスと右前腕の回復で自信を取り戻したペドロサが、初日に2番手と3番手に進出。好感触を掴んで、2日目に期待を膨らませた。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第8戦TTアッセンの初日に総合2番時計を記録。ダニ・ペドロサは、総合3番時計を刻んだ。

前戦カタルーニャGPで開幕から7連勝を達成した後、オフィシャルテストで1番時計を記録したポイントリーダーのマルケスは、フリー走行1で1分35秒台を6回、1分34秒台を1回記録して、トップタイムから0.240秒差の4番手。フリー走行2では、1分34秒台を8回、1分33秒台を最多の2回記録して、0.211秒差の2番手に進出。

「昨年はこのトラックで苦戦したから、今日はすごく良かった。レイアウトは、ホンダとヤマハにとってグッドだと思う。昨年は彼らの方が良かったけど、もしかしたら、僕たちは一歩前進したかもしれない。とても快適で、ペースに満足。明日が楽しみ。僕たちは気温が低いときに、それほど強くないようだけど、ライバルたちと同じレベルに持って行ける自信がある」と、初日に手応え。

前戦で手術した右前腕が回復して、自信を回復させたランク3位のペドロサは、午前のプラクティスで1分35秒台を5回記録して、0.657秒差の8番手。午後は1分34秒台を最多の12回記録して、0.416秒差の3番手に浮上。

「今日はドライのプラクティスとなって幸運だった。午前の路面は温度が低かったけど、午後はとても良い温度になり、感触を少し良くすることができた。全体的に走行にはグッドなコンディションだった。明日の状況を確認しよう。グッドな予選にしたい」と、初日を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2014, IVECO DAILY TT ASSEN, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›