初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エスパルガロ兄がオープンオプションで初めてポールポジションを獲得

エスパルガロ兄がオープンオプションで初めてポールポジションを獲得

予選開始と同時に雨が降り始めた中、スタートを遅らせることを決断したエスパルガロ兄が、リスクを覚した渾身のラップで、開幕戦で逃したポールポジションを初めて獲得。オープンオプションで初めてのファクトリーオプションに競り勝った。

NGM・フォワード・レーシングのアレックス・エスパルガロは、第8戦TTアッセンの公式予選で1番時計を記録して、キャリア通算150戦目で初めてのポールポジションを獲得。同時に2012年から始まったCRTを含めて、オープンオプションで初めてトップグリッドに進出した。

フリー走行2で今季7度目の1番時計を刻んで、開幕戦カタールGP以来となるフリー走行総合1番手に進出した後、フリー走行3でセッション開始早々に雨が降ったことから、路面コンディションを確認するために3度のコースインで5ラップの周回に止まったが、フリー走行4で1分34秒台を6回記録して、0.696秒差の5番手。公式予選2では、最初のタイムアタックで1分38秒789の1番時計を刻んだ。

「すごく嬉しい。このリザルトをずっと追い求めて来た。カタールではあと一歩だったけど、2度もミスを冒してしまった。何度もトライして来て、今日ようやくポールポジションを祝うことができる。明日はマルクとダニの前で1番グリッドからスタートするから、不思議な気分になるだろう。」

「今週末はずっと速かった。グッドなリズムがあり、予選ではグループ内で走らずに、リスクを冒した。作戦が成功した。雨が降り始め、路面の状態は難しかったけど、ベストタイムをマークするためにリスクを背負った。チームに感謝したい」と、会心の笑みで予選を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2014, IVECO DAILY TT ASSEN, Aleix Espargaro, NGM Forward Racing

Other updates you may be interested in ›