初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサが2戦連続5度目の1列目を確保

レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサが2戦連続5度目の1列目を確保

予選開始と同時に雨が降り始めたが、マルケスが2ラップ目に2番時計、ペドロサが3ラップ目に3番時計を記録。優勝争いの末にダブル表彰台を獲得した前戦カタルーニャGPに続き、2人が揃って1列目に進出した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第8戦TTアッセンの公式予選で2番時計を記録。ダニ・ペドロサは3番時計を刻み、両雄が2戦連続して1列目から明日の決勝レースを迎える。

初日総合2番手のマルケスは、フリー走行3でセッション開始早々に雨が降ったことから、トラックコンディションを確認するために2度のコースインに止まったが、フリー走行4では1分34秒台を2回、1分33秒台を最多の6回記録。サーットベストラップ(1分33秒653)を更新する1分33秒462の1番時計を刻むと、公式予選2ではトップタイムから1.405秒差の2番手に入り、開幕から8戦連続の1列目を確保。

「1列目が嬉しいけど、当然、ポールポジションを獲得したかった。予選時の天候は不安定で、路面は理想的ではなかった。目標は1列目だったから、リスクを冒さないことに決めた。勝つことより、失うことの方が多いと考え、目標を達成したから、落ち着くことを保った」と、予選を振り返った。

初日総合3番手のペドロサは、午前のプラクティスでチームメイト同様に2度のコースインに止まったが、午後は1分34秒台を7回記録して、0.891秒差の6番手。公式予選2では1.943秒差の3番手に入り、2戦連続5度目の1列目に進出。

「路面がハーフウェットで、雨足が強くなり始めたから難しい予選となってしまった。スリックタイヤで始めて、2ラップを周回する時間があったけど、ライダーたちが集まって、渋滞となってしまった。どこまでリスクを冒すことができるのか把握するのが難しかった。最終的にグッドなラップタイムで、1列目に位置できたことが嬉しい。明日もバイクの仕事を続けて、ドライでもウェットでも、グッドなレースになるようにトライしよう」と、ウェットレースの準備があることを語った。

Tags:
MotoGP, 2014, IVECO DAILY TT ASSEN, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›