初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソがATFで心境を打ち明ける

J.ロレンソがATFで心境を打ち明ける

タイトル獲得の有力候補に挙げられていた昨年ランク2位のロレンソが、シーズン8戦目の際に、『After The Flag(アフターザ・フラッグ)』のスペシャルインタビューに応えて、序盤7戦を振り返り、今後の巻き返しに期待を高めた。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、TTアッセン・サーキットで開催された第8戦TTアッセンの際に、チームのホスピタリティで当サイトのプログラム『After The Flag(アフターザ・フラッグ)』のインタビューに応え、率直に前半戦を振り返り、厳しい展開が続いた原因を説明した。

「正真正銘のパフォーマンスには、まだ到達していない。もしかしたら、ムジェロでバトルのチャンスがあったかもしれない。アルゼンチンで3位、バルセロナではグッドなレースだった。レース終盤はそうでなかったけど、週末としては良かった。」

「まだ、僕のバイクと僕のライディングが本当に適応していない。バイクに対する僕のフィーリングも。燃料が1リットル減少したことで、最初の加速の際にエンジンが少しアグレッシブになってしまった。それに加え、新しいタイヤは少し硬く、僕自身の体調は、特に序盤戦でそれほど良くなかった。この3つの要因がパフォーマンスに影響して、戦闘的になることが非常に難しかった。」

「今、身体面は良い。カタルーニャGP後に、電子制御が昨年に似たようなものになるように試した。タイヤを理解したから、3つの要因がほぼ解決された」と、今後のレースに向けて期待を高めた。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›