初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

F.グレシーニ、来年型のRCV1000Rに期待

F.グレシーニ、来年型のRCV1000Rに期待

今季、ショーワ製のサスペンションと日信製のブレーキを搭載したホンダRC213Vを走らせるバウティスタとプロダクションレーサー、RCV1000Rを使用して最高峰クラスに初挑戦するレディングを起用するゴー&ファン・ホンダ・グレシーニのダレシーニが、シーズン前半を評価した。

ゴー&ファン・ホンダ・グレシーニのファウスト・グレシーニは、当サイトのインタビューに応え、最高峰クラスに起用するアルバロ・バウティスタとスコット・レディングの第8戦TTアッセンまでのシーズンを評価。RCV1000Rの戦闘力アップに向けて、ニューマチックバルブエンジンの投入に期待を寄せた。

8戦が終了した時点におけるアルバロとレディングの評価は?
アルバロのパフォーマンスは、ナイスなレースもあれば、あまりそうではないレースがあり、ミックスされたものでした。幸運が足りなかったレースもありました。カタールでのオープニングレースでは、表彰台を獲得できたかもしれませんが、最終ラップで転倒を喫しました。彼はファクトリーマシンを走らせますが、確かに幾つかの技術面で異なり、それが長所と短所となっています。

スコットに関しては、素晴らしいオープニングレースだった後、バイクのパフォーマンスに関して結果に限界がある中で、新人としては期待通りです。プロダクションレーサーはグッドなバイクですが、ファクトリーマシンほど高い戦闘力はありません。

RCV1000Rの評価は?パフォーマンスは期待通りでしょうか?来年に期待することは?
ファクトリーマシンのように大変良いマシンですが、特に加速において、エンジンパワーが低く、兄弟マシンと比較して、全体的なパフォーマンスが低いです。来年に向けて、ホンダがリアクションを起こしてくれることを期待します。戦闘的になることは決定的で、いつものように、日本から例外的なものが届くでしょう。

先日、HRC取締役副社長中本修平からニューマチックバルブエンジンの投入を示唆する発言がありました。
我々に対しても、ファクトリーマシンに似たエンジンの使用に関してアナウンスがありました。我々にとっては、パフォーマンスの視点から大きなアドバンテージになるでしょう。シーズン末の投入は難しいですが、一刻も早く使用できることを期待します。

Tags:
MotoGP, 2014, GO&FUN Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›