初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マーク・VDS・レーシング、ミラーとの契約に関して

マーク・VDS・レーシング、ミラーとの契約に関して

中量級を代表するチームに成長したマーク・VDS・レーシングが、昨年頭角を現したミラーとの間で、2014年から3年契約を締結し、2014年はレッドブル・KTM・アジョから参戦、2015年に同チームから中量級への挑戦を開始することを明かした。

マーク・VDS・レーシングは4日、Moto3™クラスのポイントリーダー、ジャック・ミラーとの契約に関して、リリースを配信。双方間で、2014年からの3年契約が交わされ、2015年に同チームから中量級に参戦する契約があることを明白にした。

「マーク・VDS・レーシングとしては、ライダーとの交渉及び合意に関して、秘密を保持することを望みますが、現在の状況により、チームは、ジャック・ミラーとの関係に関して、立場を明白にします。」

「ジャック・ミラーは、先日アジョ・モータースポーツのオフィシャルウェッブで、将来に関する契約は結んでいないと発言しました。この主張は不正確です。ジャック・ミラーは、マーク・VDS・レーシングとの間で、2014年、2015年、2016年の3年契約にサインを交わしました。」

「6ページに渡る契約書には、マーク・VDS・レーシングが、ジャック・ミラーの代理人として、2014年にレッドブル・KTM・アジョからMoto3™クラスに参戦することを保証する交渉が含まれています。」

「この交渉の過程において、アジョ・モータースポーツの代表であるアキ・アジョ、契約関係にあるジャック・ミラーとマーク・VDS・レーシングは、これらのことを認識しており、契約事項には、ジャック・ミラーが2015年と2016年にマーク・VDS・レーシングからMoto2™クラスに参戦することが明記されています。」

「3年契約には、関心事項となる支払い、技術面の支援、独占的な条件を含む事前合意の拡大があり、仮にMotoGPクラスに参戦する提示を受けた場合、契約満期前の解消に関しての事項はありません。この事前合意にサインを交わした後、重要な事項の変更がない最終的な契約に関して、双方は交渉して合意しました。」

「この合意には、サインが交わされていません。2015年と2016年の契約義務に関する状況を明白にするために、マーク・VDS・レーシングはジャック・ミラー、彼の両親、彼のマネージメントチームに対して、ミーティングを持つことを申請しましたが、未回答の状態です。」

「最終的なサインが不足している中で、サイン済みの事前合意は、双方に対して拘束力が維持されています。」

「今回の状況を公表することは残念ですが、実際には他の選択肢は残っていませんでした。我々はジャック・ミラーとの契約があり、2015年に彼がチームに加入する準備を進めています。我々にとっては、契約は契約です。もし、ジャック・ミラーが意見を変更し、来年我々との参戦を希望しないのであれば、彼、もしくは彼のマネージメントチームは、状況を明白にするために、申請したミーティングを無視する替わりに、我々と交渉しなければいけません。我々はプレイングゲームに興味はありません。我々は即座に状況を改善することだけを希望します。改善するまでは、我々の2015年計画を前進させることができません。我々はジャック・ミラーに提供した契約を破棄する意志はありません。」

「最後に、マーク・VDS・レーシングは、2014年のチャンピオンシップにおいて、ジャック・ミラーの幸運を願いします。」

Tags:
Moto3, 2014

Other updates you may be interested in ›