初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.イアンノーネが最高峰クラスで自己最高位を獲得

A.イアンノーネが最高峰クラスで自己最高位を獲得

前戦後にドゥカティのプライベートテストに招集されたイアンノーネが、昨年転倒により欠場を強いられたザクセンリンクで好走を披露。最高峰クラスで初めてトップ5に進出して、ランク9位から8位に浮上した。

プラマック・レーシングのアンドレア・イアンノーネは、第9戦ドイツGPの決勝レースで、7番グリッドから最高峰クラスで自己最高位となる5位を獲得。第3戦アルゼンチンGP以来2度目となるドゥカティ勢の最高位に進出した。

前戦TTアッセンで自己最高位タイの6位に進出した後、ドゥカティ・コルセから招集を受けて、ムジェロ・サーキットでプライベートテストを実施して、昨年1コーナーで転倒を喫して右肩を脱臼し、欠場を強いられたザクセンリンクに戻って来ると、フリー走行1から9番手、6番手、9番手、8番手、ウォームアップ走行で14番手。

ウェットレースが宣言された決勝レースでは、ウォームアップラップ後にスリックタイヤを装着したマシンに乗り換えることを決断すると、1ラップ目は15番手、2ラップ目に16番手に後退したが、ホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシを追走して、5ラップ目に10番手、8ラップ目に6番手、11ラップ目に5番手に浮上。中盤から単独走行でチェッカーフラッグを迎えた。

「MotoGP™クラスでのベストリザルトを獲得した。すごく嬉しい。最初は12コーナーで非常に濡れていて、スリックタイヤをコントロールすることが難しかった。ロレンソとバレンティーノにあまり引き離されないように全力で尽くした。この作戦が、この素晴らしい結果につながった。転倒を喫したトラックでもっとポイントを稼ぐことができたかもしれないけど、昨年よりもすごく良い」と、会心の笑みで振り返った。

Tags:
MotoGP, 2014, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›