初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:D.エジャーターがキャリア129戦目で初優勝

決勝レース:D.エジャーターがキャリア129戦目で初優勝

ランク4位のエジャーターが、キャリア初のポールポジションから優勝。シューターに今季初優勝をもたらすと、ランク2位のカリオが2位、ランク5位のコルシが3位表彰台を獲得。ポイントリーダーのラバットは4位、ランク3位のビニャーレスが5位に進出。中上と長島は、21位と22位だった。

第9戦ドイツGPの決勝レースは13日、ザクセンリンクで行われ、ランク4位のドミニケ・エジャーターがポールポジションからキャリア通算129戦目で初優勝を飾った。

気温22度、路面温度32度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で1番時計を刻んだトップグリッドのエジャーターは、ホールショットを決め、2番グリッドのミカ・カリオとの優勝争いを展開。0.091秒差で競り勝って、初優勝を挙げれば、カリオは今季5度目の表彰台を獲得。

6番グリッドのシモーネ・コルシは、最終ラップに3位争いに逆転して、今季2度目の表彰台を獲得。3番グリッドのエステベ・ラバットは4位。13番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは5位まで挽回。5番グリッドのフランコ・モルビデェリは、自己最高位の6位に進出。ランディ・クルメンナッハ、マティア・パシーニ、トーマス・ルティ、チャビエル・シメオンがトップ10入り。

ウォームアップ走行で25番手だった28番グリッドの中上貴晶は21位。ウォームアップ走行で33番手だった32番グリッドの長島哲太は22位。

4番グリッドのジョルディ・トーレスと7番グリッドのヨハン・ザルコ、9番グリッドのアレックス・デ・アンジェリスは転倒リタイヤ。

チャンピオンシップは、ランク2位のカリオがポイントリーダーのラバットに19ポイント差に詰めた。

次戦インディアナポリスGPは、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで4週間後の8月8日に開幕、10日に決勝レースが行われる。

リザルト

Tags:
Moto2, 2014, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, RAC, Dominique Aegerter, Technomag carXpert

Other updates you may be interested in ›