初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.クラッチローが左右の前腕上がり症を手術

C.クラッチローが左右の前腕上がり症を手術

前戦ドイツGP後、クラッチローが欧州大陸を西南に約1700キロ移動。サマーブレイクを利用して、バルセロナ市内の大学病院で前腕上がり症を克服するために、左右の前腕を手術した。

ドゥカティ・チームのカル・クラッチローは15日、バルセロナ市内の大学病院で、左右の前腕上がり症を解消するために手術。順調に回復すれば、1ヶ月後の次戦インディアナポリスGPに予定通りに参戦する。

第7戦カタルーニャGPの際に、チャンピオンシップのメディカルスタッフ、チェビエル・ミル医師を訪れ、右前腕の精密検査を受けた後、前半戦最後の第9戦ドイツGP終了まで、手術を延ばすことを決断。この機会に左前腕も手術した。

Tags:
MotoGP, 2014, Cal Crutchlow, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›