Tickets purchase
VideoPass purchase

第10戦インディアナポリスGP:Moto2™クラスプレビュー

サマーブレイク明けの後半戦緒戦、シリーズ10戦目がインディアナポリスで開催。開幕からチャンピオンシップをリードするポイントリーダーのラバットに、ランク2位のカリオ、ランク3位のビニャーレスらが挑戦。日本勢の中上は巻き返し、長島はポイント圏内への進出を目指す。

第10戦インディアナポリスGPは、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで8日に開幕、10日に決勝レースが行われ、エステベ・ラバットが、サマーブレイク明けの後半戦にポイントリーダーとして登場する。

前半戦9戦で4勝を含む6度の表彰台を獲得したラバットは、先月17日に所属するマーク・VDS・レーシングから2015年も継続参戦することを発表。初タイトル獲得に専念する環境を整えて、昨年4番グリッドから逆転優勝した当地に乗り込む。

2勝を含む5度の表彰台を獲得したランク2位のミカ・カリオは、過去に表彰台を獲得した経験がない当地で19ポイント差を詰めに行けば、前戦でキャリア初優勝を挙げたランク4位のドミニケ・エジャーター、好走を見せるランク5位のシモーネ・コルシらは、優勝、表彰台を狙う。

台頭著しい新人勢では、来季の就任先に注目が集まるランク3位のマーベリック・ビニャーレスを筆頭に、第7戦カタルーニャGPで右手小指を負傷したランク7位のルイス・サロン、3戦連続0ポイントから巻き返すランク9位のジョナス・フォルガーらは、上位進出を目指す。

厳しい前半戦を過ごした日本勢は、ランク23位の中上貴晶が、昨年3番グリッドから2位を獲得した当地からの巻き返しを狙えば、鈴鹿8時間耐久レースに参戦した長島哲太は、初ポイントの獲得を目指す。

Tags:
Moto2, 2014

Other updates you may be interested in ›