初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダが2年連続、今季4度目の1‐2位フィニッシュを目指す

レプソル・ホンダが2年連続、今季4度目の1‐2位フィニッシュを目指す

前半戦最後のザクセンリンクで続き今季3度目の1‐2位フィニッシュを決めたレプソル・ホンダの両雄、マルケスとペドロサが、ブルノでのプライベートテストを経て、後半戦緒戦のインディアナポリスで、オースティン、ヘレスに続き、2年連続の1‐2位フィニッシュを狙う。

3部門の首位を快走するホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダは、シーズン前半戦の最後となった前戦ドイツGP後に次戦チェコGPの開催地、ブルノ・サーキットで3日間のプライベートテストを実施して、今週末に後半戦の緒戦となる第10戦インディアナポリスGPに挑戦。2010年から4連勝を挙げたインディアナポリス・モーター・スピードウェイに乗り込む。

前戦で5年連続の優勝を飾ったポイントリーダーのマルク・マルケスは、2011年から3年連続の優勝を挙げた当地に乗り込み、もし、優勝すれば、ケーシー・ストーナーが2011年に達成したシーズン10勝、ミック・ドゥーハンが1997年に達成した10連勝、ジャコモ・アゴスチーニが1970年に達成した開幕からの10連勝に並び、マイク・ヘイルウッドが1964年に樹立した史上最年少の10連勝を更新する。

「後半戦の準備に向けて、トレーニングとリラックスをミックスした良いバカンスを過ごした。それに、信じられない9戦を振り返ることができ、今は早くインディアナポリスに行ってバイクに乗りたい。お気に入りのサーキット。改修されたトラックが楽しみだから、最初のプラクティスは充分に注意して、早くリズムを取り戻す必要がある」と、初日の重要性を強調。

前戦で3戦連続7度目の表彰台を獲得したランク2位のダニ・ペドロサは、ザクセンリンクからチームメイトと共にブルノ・サーキットに移動して、プライベートテストを実施。セッティングを煮詰めて、2010年と2012年に優勝、2011年と2013年に2位に進出した当地で、ポイントリーダーとの77ポイント差を詰めに行く。

「後半戦に向けて、リラックスして、準備を整えた。ドイツでグッドなレースをして、夏休み前に契約を更新したから、完璧な形で前半戦を締め括った。インディは良い思い出があるから、目標は優勝争い。当然、新しいレイアウトを学習する必要があるから、チームと一緒に変更点を検証して、レースに向けて準備を整える」と、2年ぶりの優勝、今季初優勝を狙うことを主張した。

Tags:
MotoGP, 2014, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›