初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP™ライダーたちがJ.ミラーを称賛

MotoGP™ライダーたちがJ.ミラーを称賛

軽量級から中量級を飛び越えて、最高峰クラスに昇格する機会があるとパドック内で噂されるポイントリーダーのミラーに関して、プレスカンファレンスに出席した7人のMotoGP™ライダーたちが才能を称賛。MotoGP™マシンで、さらに才能が発揮されることを予想した。

第10戦インディアナポリスGPの開催を前日に控えた7日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイのプレスカンファレンスルームで共同会見が行われ、出席した7人のMotoGP™ライダーたちが、来年最高峰クラスに初挑戦する可能性があるMoto3™クラスのポイントリーダー、ジャック・ミラーを絶賛した。

ドライブ・M7・アスパルのニッキー・ヘイデンは、「大のお気に入り。昨年バレンティーノのランチで、ダートトラックを一緒に走らせる機会があり、すごく楽しかった。彼のタレントは、ビックバイクでさらに発揮されるだろう。もしかしたら、マルク(・マルケス)とケーシ(・ストーナー)と同じように野性的かもしれないけど、トラックでは多くのミスを犯さない。怪我をしなければ、本当に輝く将来がある」と、才能を認めた。

ドゥカティ・チームのカル・クラッチローは、「バイクに乗る、乗らないに関わらず、特別なタレントの持ち主。早い時期に昇格して、ビックバイクで正真正銘の才能を証明して欲しい。決定的にここに来るだろう。ケーシーと比較する人がいるけど、それはどうだろうか。今後数年間において、速いライダーになることは確かだ」と、最高峰クラスの進出に太鼓判を押した。

Tags:
Moto3, 2014, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, Jack Miller, Red Bull KTM Ajo

Other updates you may be interested in ›