Tickets purchase
VideoPass purchase

第10戦インディアナポリスGP:プレスカンファレンス

後半戦の緒戦となるシーズン10戦目、インディアナポリスGPの開催を前日に控えた中、前半戦で無傷の9連勝を達成したポイントリーダーのマルケスを筆頭に、所属メーカーと契約を更新したドビツィオーソとロレンソ、来季新天地への移籍を決断したクラッチロー、前半戦に好走を見せたロッシとエスパルガロ兄、ホームレースを欠場するヘイデンが共同会見に出席した。

第10戦インディアナポリスGPのプレスカンファレンスは7日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイのプレスカンファレンスルームで行われ、週末の主役たちが出席した。

前半戦で開幕から9連勝を飾り、昨年優勝を挙げた当地にポイントリーダーとして戻って来たマルク・マルケスは、「1週間ほど夏休みを取って、後半戦に向けて準備ができた。もう一度走れることが嬉しい。新しいレイアウト、新しい路面を確認しよう」と、リフレッシュして後半戦に臨むことを説明。

当地初開催の2008年に優勝を飾り、昨年4位だったランク3位のバレンティーノ・ロッシは、「僕にとってシーズンのスタートはすごく良かった。何度かグッドなレースがあった。僕たちのリザルトは非常に安定していたけど、優勝できなかった。リザルトを良くするために仕事を続けよう。個人的には、レイアウトよりも路面の状態が理由で、シーズンのベストトラックではなかったけど、レイアウトが変更され、再舗装された。まだ把握していないけど、新しい路面はすごく良いようだ。沢山のバンピーが無くなったようだ」と、改修工事を称賛。

サマーブレイク中に開催されたワールド・ドゥカティ・ウィークで契約を更新したランク4位のアンドレア・ドビツィオーソは、「2年間の契約を更新した。ドゥカティは新たなプロジェクトを計画し、来年に向けて楽観的になれる。インディはとてもストレンジなトラックだけど、改修工事により、レースをするには楽しいトラックになったようだ。新しいエンジンが役立つはずだ」と、ホンダとヤマハ勢に接近することを期待。

プレスカンファレンス直前にヤマハ発動機との間で契約を更新したランク5位のホルヘ・ロレンソは、「ヤマハと合意できたことは大きな誇りだ。ヤマハが常に僕の最優先で、そこでキャリアを終えたい。前半戦は沢山の問題があったけど、そこから学び、さらに強くなれる。僕は本当に絶好調なんだ。夏の間にトレーニングを積んで、体調が良くなり、スリムになり、モチベーションが高い」と、巻き返しに自信。

オープンオプションの最高位に進出するランク6位のアレクシ・エスパルガロは、「2015年に向けて提示を受けたオファーを検討している。知っているように、僕の優先事項はスズキに加入すること。今シーズンの目標はトップ6入りで、ドビツィオーソを越えたい」と、数日後に来年の就任先を決断することを明言。

前戦ドイツGP後に両前腕を手術、来季CWM‐LCR・ホンダに移籍することを発表したランク14位のカル・クラッチローは、「両前腕を手術した数日間が厳しかったけど、早く回復した。CWM‐LCR・ホンダとの合意はあっと言う間だったけど、決断に満足。もちろん、僕はドゥカティのために、残りのシーズンに100%で挑むつもりだ」と、両腕の不安を一掃して、後半戦9戦に全力を尽くすことを強調。

右手を手術してホームレースの欠場を強いられるランク13位のニッキー・ヘイデンは、「レースを欠場すること、それもホームレースを欠場することは残念だけど、これが今の状況。医師によると手術は上手く行き、手が順調に回復することを願っている。あまり痛くない。復帰の時期は未定だけど、今シーズン中には復帰ができることは確かだ」と、復帰に関して慎重な姿勢を見せた。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›