初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハ発動機がL.ロレンソと2年間の契約を更新

ヤマハ発動機がL.ロレンソと2年間の契約を更新

来年の動向に注目が集まっていた2012年王者のロレンソが、後半戦の緒戦となるインディアナポリスGPの開幕前に、2008年から所属するヤマハ発動機との間で契約を更新。厳しいシーズンからの巻き返しを図る。

ヤマハ発動機は7日、ホルヘ・ロレンソとの間で契約を2年更新することで合意。2015年と2016年も引き続き、ファクトリーチームのモビスター・ヤマハ・MotoGPから継続参戦することが決定した。

250ccクラス王者として最高峰クラスへの挑戦を開始した2008年からヤマハのファクトリーチームに所属するロレンソは、2016年まで契約を更新したことから、合計9年間所属することになり、「ようやく発表できることになり、とても嬉しい。僕たちの関係がさらに2年間続くことが確実となり、残りのシーズンに向けて、完璧に集中できる。僕はヤマハでのキャリア継続を希望していた。3度目のタイトル獲得に向けて一緒に闘って行く。」

「今シーズンは困難なスタートだった後で全てが挑戦となっているけど、レース毎に取り組み、バレンシアまで100%を尽くそう。僕を信じてくれたヤマハに感謝したい。夏休みを終えて、チームと一緒にインディを迎えることに興奮している」と、契約を更新して、後半戦に集中することを強調。

ヤマハ・モーター・レーシング・マネージングダイレクターのリン・ジャービスは、「モビスター・ヤマハ・MotoGPのライダーを継続することで、ホルヘと合意したことが大変嬉しいです。今回の合意により、7年間の関係をさらに延長しました。彼は2008年に新人として、我々と共に最高峰クラスへの挑戦を開始して、2010年と2012年のタイトル獲得や31勝など、素晴らしい結果を一緒に獲得してきました。」

「2014年は今までのところ彼にとって厳しい1年となっていますが、今回の合意が残りのレースに対して、エネルギーを100%注ぐことになることを期待します。昨年はシーズン中盤に怪我を負いましたが、ライバルたちを困難な状況に追い込んだことから、後半戦に向けて、強力に立ち向かうポテンシャルがあります。」

「ホルヘは2015年からタイトル獲得の有力候補になることに疑いはありません。共有する野望を実現させるために必要な支援と技術を供給するために全力を尽くします」と、タイトル奪回に向けて全面的な支援を約束した。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›