初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソがドゥカティでのベストグリッドを獲得

A.ドビツィオーソがドゥカティでのベストグリッドを獲得

契約を更新して、後半戦緒戦のインディアナポリス入りしたドビツィオーソが初日から好走。2日目にはニューエンジンが供給され、ドゥカティ入りした2013年から通算4度目の1列目、ベストグリッドとなる2番手に進出した。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第10戦インディアナポリスGPの公式予選で2番時計を記録。フリー走行3から6基目となるニューエンジンを投入して、ドゥカティでのベストグリッドを獲得した。

昨年10番グリッドから40.823秒差の10位だったインディアナポリス・モーター・スピードウェイに乗り込むと、フリー走行1から9番手、4番手、4番手。フリー走行4で1分33秒台を7回記録して、トップタイムから0.803秒差の4番手を維持。

公式予選2では、ポールポジションを獲得したマルク・マルケスを追走して0.225秒差の2番手に進出。「完璧な予選だった。1分32秒を突破することを期待していなかったけど、マルク(・マルケス)が大きな助けをしてくれたのは確か。僕たちは週末に良い仕事をして、各セッションでトップ5に進出した。」

「レースは4ラップ目からタイヤがドロップしてしまうから難しくなるだろう。1コーナーは非常にタイトだから、1列目からのスタートはグッドだ」と、厳しいレースを覚悟した。

Tags:
MotoGP, 2014, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›