初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モビスター・ヤマハのロレンソ&ロッシがムジェロに続く今季2度目のダブル表彰台

モビスター・ヤマハのロレンソ&ロッシがムジェロに続く今季2度目のダブル表彰台

夏休み中の体力強化により、強さを感じ、自信を取り戻したことを強調したロレンソが、ムジェロに続く今季の最高位2位を獲得して会心の笑みを見せれば、2列目から今季最高位のスタートを切ったロッシが、前半戦の好調を維持する走りで、満足感を得た。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第10戦インディアナポリスGPの決勝レースで、3番グリッドから2位。2戦連続4度目の表彰台を獲得して、ランク4位に浮上すれば、バレンティーノ・ロッシは、5番グリッドから3位。今季6度目の表彰台を獲得した。

ウォームアップ走行で4番手だったロレンソは、今季5度目の1列目から1ラップ目に6番手に後退したが、序盤から優勝争いを展開。インディアナポリス・モーター・スピードウェイで6度目の表彰台を獲得した。

「長かったけど、僕たちは良くなっている。今回は、ムジェロを除いて最もトップに接近した。グッドなスタート。これが根本的だったけど、ブレーキングが十分に強くなかったから、他車がミスするのを待つ必要があった。マルク(・マルケス)にアタックを仕掛けるには、あとコンマ1、2秒が必要。次戦でそれが得られることを期待する。」

「バイクはとても良く走った。速くなって来ている。もしかしたら、ヤマハ向き、または僕のライディングスタイルに適していて、挑戦することができた。幸運にもブルノは大好きなトラックで、僕たちのバイクは良く走る」と、次戦チェコGPに期待を膨らませた。

朝のプラクティスで7番手だったロッシは、今季7度目の2列目からスタート直後の2コーナーでトップに飛び出すと、積極的にレースをリードして中盤まで優勝争いを展開。当地では初開催の2008年以来となる表彰台を獲得した。

「プラクティスで僕よりも速かったマルク、ホルヘとバトルが難しいことは覚悟していた。グッドなスタートでトップに位置。マルクと一緒に走るために限界までプッシュしたけど、逃げられてしまった。ホルヘとベストなバトルがしたかったけど、ここは僕にとってバッドなトラック。2008年から表彰台を獲得していなかったから満足」と、レースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2014, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›