Tickets purchase
Videopass purchase

決勝レース:M.マルケスが独走でシーズン10勝目

ポイントリーダーのマルケスが、独走で当地4連勝、開幕から10連勝を達成して、スペインにグランプリ通算500勝、最高峰クラス100勝目をもたらすことに成功すれば、ランク5位のロレンソが2位、ランク3位のロッシが3位表彰台を獲得。ペドロサ、エスパルガロ弟が続き、ランク15位の青山は今季の最高位タイとなる10位に進出した。

第10戦インディアナポリスGPの決勝レースは10日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ポイントリーダーのマルク・マルケスが独走で優勝。開幕戦カタールGPから史上最年少の10連勝を達成して、スペインにグランプリ通算500勝、最高峰クラス通算100勝をもたらした。

気温29度、路面温度46度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で今季34度目の1番時計を記録したポールポジションのマルケスは、1ラップ目で4番手に後退したが、11ラップ目にトップに飛び出すと、ペースアップしてライバルたちを引き離し、1970年にジャコモ・アゴスチーニが記録した開幕からの10連勝に並び、1964年にマイク・ヘイルウッドが樹立した史上最年少の10連勝を更新した。

3番グリッドのホルヘ・ロレンソは、1.803秒差の2位に入り、2戦連続4度目の表彰台を獲得。ランク4位に浮上すれば、5番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、3位に入り、当地で初開催された2008年以来となる表彰台を獲得。

上位陣で唯一フロントタイヤにハードコンパウンドを選択した8番グリッドのダニ・ペドロサは4位。6番グリッドのポル・エスパルガロは5位。3度目のトップ5入りを果たし、公式予選2で今季12度目の転倒を喫した際に左手小指を負傷した9番グリッドのブラドリー・スミスは6位。序盤トップに飛び出した2番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソ、12番グリッドのカル・クラッチローが続いた。

自己最高位となる11番グリッドからスタートしたスコット・レディングは、8位争いを展開して、オープンオプションの最高位となる9位を獲得。

ウォームアップ走行で14番手だった18番グリッドの青山博一は、単独走行で第3戦アルゼンチンGP以来となる2度目の10位。

ウォームアップ走行で2番手だった4番グリッドのアレイシ・エスパルガロは、8番手走行中の13ラップ目に10番グリッドのステファン・ブラドルと接触して、マシンが破損したことからリタイヤ。ブラドルは転倒リタイヤ。7番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、15ラップ目にマシンがストップ。13番グリッドのヨニー・エルナンデェスと14番グリッドのアルバロ・バウティスは、1ラップ目に接触転倒を喫した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのマルケスが250ポイントに到達。ランク2位のペドロサに89ポイント差、ランク3位のロッシに93ポイント差を広げた。

次戦チェコGPは、ブルノ・サーキットで15日に開幕、17日に決勝レースが行われ、18日にはオフィシャルテストが予定されている。

リザルト

Tags:
MotoGP, 2014, RAC

Other updates you may be interested in ›