初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:E.バスケスがキャリア初優勝

決勝レース:E.バスケスがキャリア初優勝

ランク3位のバスケスが、10人のトップグループによる優勝争いをゴールライン直前で逆転。キャリア通算115戦目で初優勝を飾り、スペイン勢が初開催の2008年から7連勝を達成。フェナティが今季5度目、ミラーが今季6度目の表彰台を獲得した。

第10戦インディアナポリスGPの決勝レースは10日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ランク3位のエフレン・バスケスが10人の優勝争いを制して、キャリア通算115戦目で初優勝を飾った。

気温26度、路面温度33度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で今季11度目、週末2度目の1番時計を記録した2番グリッドのバスケスは、ゴールライン直前に逆転。初優勝を挙げれば、4番グリッドのロマーノ・フェナティは、0.065秒差の2位に入り、今季5度目の表彰台を獲得。

ポールポジションのジャック・ミラーは、0.219秒差の3位に入り、今季6度目の表彰台を確保。

11番グリッドのアレックス・マスボーは、1ラップ目に転倒した7番グリッドのジョン・マックフィーと接触してコース外に弾き出され、31番手まで後退してが、3戦連続のトップ4に進出。ウォームアップ走行で3番手に浮上した12番グリッドのアレックス・リンス、3番グリッドのアレック・マルケス、18番グリッドのミゲール・オリベイラ、5番グリッドのフアンフラン・グエバラ、19番グリッドのブラッド・ビンダー、14番グリッドのヤコブ・コーンフィールがトップ10入。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのミラーとランク2位に再浮上したバスケスとのポイント差が21に詰まった。

次戦チェコGPは、ブルノ・サーキットで15日に開幕、17日に決勝レースが行われる。

リザルト

Tags:
Moto3, 2014, RED BULL INDIANAPOLIS GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›