Tickets purchase
VideoPass purchase

B.スミス、モンスター・ヤマハ・テック3からの継続参戦が決定

マルケス、ロッシ、ペドロサ、ドビツィオーソ、イアンノーネ、クラッチロー、ブラドル、ロレンソに続き、スミスも来年の所属先が決定。昨年ヤマハと2年契約を結んだエスパルガロ弟と共に、ヤマハのサテライトチーム、モンスター・ヤマハ・テック3からM1を走らせる。

ヤマハのサテライトチーム、モンスター・ヤマハ・テック3は13日、2011年から起用するブラドリー・スミスとの間で、2014年の参戦に関して合意したことを発表。来年も継続して、ヤマハYZR-M1を走らせることが決まった。

125ccクラスでの成績が評価され、2011年に同チームから中量級への参戦を開始すると、同年9月に2013年から最高峰クラスに進出する3年契約を締結。1年目はランク10位。6位と6番グリッドが最高位だったが、2年目は10戦が終了した時点でランク9位に進出し、開幕戦カタールGPで3番グリッド、第2戦アメリカズGPで5位を獲得。

23歳の英国人ライダーは、「ヤマハ、エルベ、チームのみんなからの信頼ともう1年走れることに感謝。チームとヤマハM1と共に仕事ができること、サインを交わしたことが嬉しい。感動的な瞬間だ。チームは僕が必要とする成績と成長を助けてくれるけど、このプロジェクトに協力してくれる全ての関係者、スポンサーも必要としている。」

「それに、ポル(・エスパルガロ)と一緒に走ることは喜び。チームの雰囲気は最高で、僕たちはセッション毎にお互いのモチベーションを高めている。とても幸せ。残りのシーズンと2015年が楽しみだ」と、契約更新に感動。

チームマネージャーのエルベ・ポンシャラルは、「ブラドリー・スミスがモンスター・ヤマハ・テック3にもう1年所属することになり、そのことを発表できることが大変嬉しいです。我々はお互いを良く理解する家族の一員です。5年間所属することは、オリビエ・ジャック以来となります。今年はウインターテストとオープニングレースのパフォーマンスにより、彼への期待が高まったことから、ここまでは簡単ではありませんが、決して屈しませんでした。ヤマハとテック3は、2015年にチャンスを提供することが最善策だと考えました。ポルと彼は良く理解し合い、ベストリザルトの獲得に向けて、お互いに助け合っています。」

「もう1年我々のチームに所属することを大変嬉しく思い、今回の合意が後半戦にリラックスして臨めることを期待しますが、MotoGP™のファンが彼の走りを楽しんでくれることも期待します」と、契約更新の理由を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, Bradley Smith, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›