初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、テクニカルコースに挑戦

ブリヂストン、テクニカルコースに挑戦

レイアウトの変更と路面舗装により、平均速度が時速8キロアップして、タイヤのエッジにかかる負担も大きくなったインディアナポリスに投入したタイヤが良好に作動。今週末は切り返しや回り込んだコーナーが多いテクニカルコースに挑戦する。

MotoGP™クラスのオフィシャルタイヤサプライヤー、ブリヂストンは、今週末にブルノ・サーキットで開催される第11戦チェコGPに向けて、トラックレイアウト、過去のデータ、気象状況を想定して、リアに左右非対称のコンパウンドを準備する。

1987年に開設されてから、今年で22年連続27回目の開催を迎える当地は、全長5,403メートル、メインストレート600メートル、左6コーナー、右8コーナーを数え、高低差は70メートル。3コーナーから下り坂が続き、10コーナーから最終コーナーの手前まで登り坂となり、切り返しのコーナーや回り込んでいるコーナーが多く、平均速度は時速166キロの中高速コース。

フロントは、ミディアム(黒)とハード(赤)に、オプションとしてソフト(白)を準備。リアには、オープンオプションとドゥカティにソフト(白)とミディアム(黒)、ファクトリーオプションにミディアム(黒)とハード(赤)を供給する。

Tags:
MotoGP, 2014, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›