Tickets purchase
VideoPass purchase

第11戦チェコGP:プレスカンファレンス

第11戦チェコGP:プレスカンファレンス

シーズン11戦目、チェコGPの開催を前日に控えた中、開幕から10連勝を達成したポイントリーダーのマルケスを筆頭に、ロッシ、ロレンソ、エスパルガロ弟、イアンノーネ、地元出身のアブラハムが共同会見に出席した。

第11戦チェコGPのプレスカンファレンスは14日、ブルノ・サーキットのプレスカンファレンスルームで行われ、週末の主役たちが出席した。

前戦インディアナポリスGPで開幕からの10連勝を達成したポイントリーダーのマルク・マルケスは、「ブルノは、インディアナポリスとは全く異なるトラック。3週間前にここでテストを実施したから、グッドなセッティングを持たないと。ヤマハ勢はインディアナポリスで僕たちに接近していた。ここでも非常に強いだろう。良い感じがあり、ファイトの準備が出来ている。」

「(10連勝に)誇りに思うけど、いつも言うように、目標はチャンピオンシップの制覇。もし、ここで勝つことができなくても、2位、3位に進出できれば嬉しい」と、優勝に執着しないことを主張。

18年前の1996年にキャリア初優勝を挙げた当地に戻って来たランク2位のバレンティーノ・ロッシは、「このトラックで素晴らしい思い出がある。特に初優勝のことを良く憶えている。お気に入りのサーキットに1つで、特にポテンシャルを最大限に活かせることが許されるから、ここでMotoGP™マシンを走らせることは最高だ。ここ数年は最高ではなかった。昨年はトップ3から離されてしまったから、目標はライディングを良くすること。表彰台を獲得したければ、それをやらないといけない」と、課題を説明。

前戦の表彰台獲得でランク4位に浮上したホルヘ・ロレンソは、「インディアナポリスの2位が嬉しかった。理論的に僕たちのバイクと僕のライディングスタイルにとって、グッドなトラックを迎える。今週末に向けて高いモチベーションがあり、目標は前戦の再現。ここで4勝を挙げたから、トラックで仕事をする必要がある」と、初優勝、表彰台連取に自信を見せた。

サテライト勢の最高位に進出するランク6位のポル・エスパルガロは、「インディアナポリスの5位はグッドなリザルトだったけど、上位陣から大きく離されてしまった。全体的にはグッドなレースで、グッドなウィークエンドだった。良くして行くだけ。前半戦に満足だから、ヤマハとチームに感謝したい。もっと良くできる。経験を重ねるだけ。全ての時間を費やして学習しているところ」と、前戦と前半戦を評価。

最高峰クラス2年目に好走を見せるランク8位のアンドレア・イアンノーネは、「ブルノはグッドなトラック。Moto2™クラス時代の良い思い出があり、マルクとグッドなバトルを繰り広げたけど、彼はいつも僕よりも少しだけ強かった!インディアナポリスでは週末を通じて強かった。速く走れて、バイクのグッドなフィーリングがあったけど、レースでは多くの問題に見舞われてしまい、完走することが不可能だった」と、前戦を振り返った。

今年は万全な体調でホームレースを迎えるランク17位のカレル・アブラハムは、「昨年は左肩に激しい痛みを抱え、レース後に手術を受けることを強いられたから、体調が整っていることが嬉しい。準備が出来ている。グレートなシーズンではないけど、肩が回復していなかった序盤を含めて、パフォーマンスが安定していた。ここで走ることは大きなプレッシャーだけど、ブルノだからそれは当り前のこと」と、ホームレースに向けて意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2014, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Valentino Rossi, Marc Marquez, Repsol Honda Team, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›