初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソが後半戦2戦連続の2番グリッドを獲得

A.ドビツィオーソが後半戦2戦連続の2番グリッドを獲得

インディアナポリスでは、他車のスリップを利用して、2番グリッドを獲得したドビツィオーソだったが、ブルノでは単独のタイムアタックで3番グリッドを獲得。上位陣とのレーストータルタイム差を縮小することを目標に設定した。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第11戦チェコGPの公式予選で2番時計を記録。前戦インディアナポリスGPに続いて2戦連続の2番グリッド、今季3度目の1列目を獲得した。

好走を見せた前戦の後、昨年9番グリッドから30.015秒差の7位だったブルノ・サーキットに乗り込んで来ると、フリー走行1から7番手、12番手、8番手。フリー走行4で1分57秒台を3回、1分56秒台を2回記録して、0.556秒差の5番手。公式予選2では、単独のタイムアタックで0.129秒差の2番手に進出。

「すごく嬉しい。フィーリングはインディアナポリスより良い。グッドなラップタイムをマークした。戦闘的で、マルケスを追いかけて、タイムを出した訳ではない。週末を通じて強かったから、面白いレースが約束される。」

「インディアナポリスでは、タイヤが大きく消耗してしまったから、パフォーマンスが低下した。タイヤとライダーにとって厳しいトラックで、スタートからハードにプッシュした。ここでの状況は良い。上位を維持したいけど、目標はタイム差を縮小すること。インディアナポリスの20秒差は大き過ぎる」と、前戦を教訓として、明日の決勝レースに臨むことを語った。

Tags:
MotoGP, 2014, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›