Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア、2015年の復帰を検討

アプリリア、2015年の復帰を検討

2016年に復帰することを宣言したアプリリアが、予定を1年前倒して、2015年からファクトリーチーム、もしくは現在参戦するチームとコラボを組んで参戦する計画を検討。近日中に最終的な決断を下すことになった。

アプリリアのスポーティングマネージングディレクター、アルベジアーノ・ロマーノは16日、第11戦チェコGPが開催されているブルノ・サーキットを訪問。当サイトのインタビューに応え、復帰の時期に関して、予定している2016年から2015年に変更する可能性を検討し、近日中に最終的な決断を下すことを説明した。

「当初の計画では、2016年に復帰することでしたが、数ヶ月前から早期復帰の可能性を検討し始めました。それは来年の復帰という意味で、この可能性を検討し、その選択を選ぶかもしれません。決断を下す時期が近いです。」

「計画は、現状のバイクと比較して、ニューマチックバルブエンジンと共に重要な前進を果たすことです。エンジンのボア径は、技術規定の範囲内で最大の大きさとなり、シームレスシフト・ギアボックスを我々の技術で開発します。」

「全体的なパッケージは、サイズと重量配分の面において前進し、これがラボラトリーバイクとなります。全く新しいバイクとエンジンを設計していることから、全く新しいバイクとなるでしょう。これは2016年に向けた大きな一歩となりますが、我々は既に設計を着手し、2016年の準備に向けた来年のテストを開始します」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›