初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティがミサノで2日間のプライベートテスト

ドゥカティがミサノで2日間のプライベートテスト

ブルノでのオフィシャルテストをキャンセルしたドゥカティのファクトリーライダーたちが、次戦の開催地、ミサノで2日間のプライベートテストを実施。ドビツィオーソとクラッチローが手応えのペースで走り込み、シルバーストンに向けて士気が高まった。

ドゥカティ・コルセのファクトリーライダー、ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソとカル・クラッチロー、プラマック・レーシングのアンドレア・イアンノーネ、テストライダーのミケーレ・ピロの4人は26日、今週末の第12戦イギリスGPを前に、次戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの開催地、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで実施した2日間のプライベートテストを終了した。

月曜と火曜の昼までに合計116ラップを周回して、昨年の公式予選タイム(1分34秒338)、決勝レース時のベストラップ(1分35秒217)を上回る1分33秒91を記録したドビツィオーソは、「2日間のテストに満足。ここ数戦で証明した改善を確認した。それに、昨年より約1秒速いペースで周回した。決定的にとてもポジティブな結果だ。計画通りに全てのテストプログラムを消化することができた。元気づく。正しい方向性に向かっている」と、手応え十分。

前戦チェコGPの決勝レースで今季7度目の転倒した際に強打した左肩の精密検査を受けるために、月曜の1日のみの参加となったクラッチローは、85ラップを周回して、1分34秒45を記録。

「ベースセッティングの良い仕事ができ、グッドなペースで周回できたから、とてもポジティブなテストとなった。水曜の午前に肩の検査を受けるから、イギリスに戻る必要があったけど、シルバーストンが楽しみだ」と、巻き返しに向けて好感触を掴んだことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2014

Other updates you may be interested in ›