初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ブラドルが今季初日最高位の2番手に進出

S.ブラドルが今季初日最高位の2番手に進出

前戦で7位だった後のオフィシャルテストでセッティングを見直す機会に恵まれたブラドルが、初日では今季の最高位となる総合2番手に進出。計画通りに作業が進んだことを喜ぶと同時に中古タイヤでのパフォーマンス改善を課題に挙げた。

LCR・ホンダのステファン・ブラドルは、第12戦イギリスGPの初日に総合2番時計を記録。昨年4番グリッドから6位だったシルバーストン・サーキットで今季のベストスタートを切った。

フリー走行1でトップタイムから1.024秒差の6番手だった後、フリー走行2では、3度のコースインで最多の18ラップを周回すると、2分03秒台を最多の8回、2分02秒02秒台を2回記録して、0.509秒差の2番手に進出。

「僕たちにとって、とても良い1日となった。ブルノでのテストセッションで改善した後、僕たちの計画通りに週末が始まった。現実的には、正しい方向性で小さな調整を進めて、全てのタイヤでグッドなアドバンテージを持つことができた。初日の仕事、特にラップタイムに満足だけど、中古タイヤでの安定性を高める必要がある」と、2日目の課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2014, HERTZ BRITISH GRAND PRIX, Stefan Bradl, LCR Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›