初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:A.リンスが今季初優勝

決勝レース:A.リンスが今季初優勝

ランク5位のリンスが4人による優勝争いに競り勝って、周回数を間違えた前戦を一掃する今季初優勝を飾れば、マルケス、バスティアニーニ、オリビエラ、コーンフィール続き、ポイントリーダーのミラーは6位、ランク3位のバスケスは転倒リタイヤを喫した。

第12戦イギリスGPの決勝レースは31日、シルバーストン・サーキットで行われ、ランク5位のアレックス・リンスが昨年10月の第16戦オーストラリアGP以来、今季初優勝を飾り、ランク3位に浮上した。

気温19度、路面温度28度のドライコンディションの中、今季3度目のポールポジションからスタートしたリンスは、3番グリッドのアレックス・マルケス、4番グリッドのエネア・バスティアニーニ、7番グリッドのミゲール・オリベイラとの優勝争いを展開。前戦チェコGPでは周回数を間違えて今季初優勝を逃したが、0.011秒差で競り勝って、14戦ぶりに優勝。マルケスは今季5度目、バスティアニーニは2戦連続4度目の表彰台を獲得。

16番グリッドのヤコブ・コーンフィールは、12人による5位争いに競り勝って、自己最高位タイを獲得。8番グリッドのジャック・ミラー、2番グリッドのニッコロ・アントネッリ、6番グリッドのアレックス・マスボー、12番グリッドのダニー・ケント、10番グリッドのニクラス・アジョがトップ10入り。

22番グリッドのロマーノ・フェナティは16位。15番グリッドのエフレン・バスケスは、1ラップ目に転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのミラーに、ランク2位のマルケスが13ポイント差、ランク3位のリンスが29ポイント差に接近した。

次戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPは、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで12日に開幕、14日に決勝レースが行われる。

リザルト

Tags:
Moto3, 2014, HERTZ BRITISH GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›